ITARU ROVER

雪国から綴る室温2度の雑記帳

高倍率ズームデジカメの「PowerShot SX60 HS」でお手軽に野鳥撮影をしよう

PowerShot SX60 HSで野鳥の撮影

光学65倍までズームできるデジカメを使って野鳥を撮影しました。大きなレンズのついたカメラを担がなくても気軽に野鳥の撮影ができるんです。使用したカメラと撮影した野鳥のお話です。

北海道で野鳥の撮影

シジュウカラ

暖かくなって家の裏の木に野鳥がよくやってくるようになりました。北海道へ来てからは野鳥の観察という趣味ができました。

後ろ姿になってしまったけど、頭が黒くて緑色の羽はシジュウカラ。とても小さい鳥で動きもすばしっこい。よく耳にするツピツピツピーという鳴き声はシジュウカラでした。

お手軽野鳥撮影カメラ

野鳥の撮影に使ったカメラはCanonのPowerShot SX60 HSで65倍までズームができます。最大ズームにすると少しの手ブレで鳥を見失うので野鳥の撮影はなかなか大変です。野鳥が木の枝にじっとしているときが撮影チャンスです。

お手軽野鳥撮影カメラとして使っているので三脚は使用していません。野鳥の撮影って高いカメラが必要な印象がありますが、いまは安くていい高倍率ズームのデジカメがあるので野鳥撮影がぐっと身近になりました。

このカメラはずいぶん前に買ったのですが、東京にいた頃は近くにハトとカラスぐらいしかいなくて使う機会があまりありませんでした。ここでは家の窓を開ければ裏の林にいる野鳥が観察できます。

すぐ見つかるコゲラ、見つからないウグイス

コゲラ

茶色と白のしましま模様はキツツキのコゲラ。木の皮をつついて中にいる虫を捕まえようとしています。コゲラはよく見かける鳥です。鳴き声は地味だけど、木をつつく音はとても目立つのでどこにいるかすぐにわかります。

4月の北海道で一番目立つ鳴き声の鳥はやっぱりウグイス。でもウグイスは小さいし笹やぶの中にいることが多くてなかなか姿が見つかりません。高い木の上まであまり出てこないようです。

寒冷地のウグイスは冬の間、暖かい地方へ移動しているらしいのですが、北海道にいるウグイスは一体どこへ行っているのでしょう。北海道から暖かい地方ってかなり移動しないとならないですよね。

小さなウグイスがそんなに遠くまで飛ぶほどの体力を持っているのでしょうか。海を超えるウグイスって想像できないです。

次に撮影したい野鳥

野鳥の鳴き声ではやっぱりアオバトが独特で面白いですね。調子はずれの笛のような鳴き声でおかしいし不気味な感じもします。去年の夏、家の周りでアオバトが鳴いているのがたまに聞こえてきました。まだ姿を見たことがないので今年こそ見てみたいです。

野鳥の姿と鳴き声が結びついていなかったので、サントリーの愛鳥活動で調べました。この記事内で鳥の名前につけたリンクはすべて同サイトのページです。鳴き声を聴いて何の鳥かわかるようになるのは楽しいですね。