ITARU ROVER

雪国から綴る築70年の家で猫と暮らす中年の記録

Googleアドセンス審査で価値の低い広告枠から合格するまでに行ったこと

Googleアドセンス審査合格

2度目の審査でGoogleアドセンスの審査に合格しました。1度目の審査に落ちた後、行った対策とわかった審査基準について書きました。

画像のalt属性を忘れていた

申請してから1週間、価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)と指摘され不合格にりました。不合格になってすぐに再申請をすると、2日後に合格のメールが届きました。

その間にやったことは画像にalt属性の追加と、サーチコンソールで正しいURLをインデックス登録したことです。参考までに1回目不合格時の状況をまとめてみます。

  • 記事数23件
  • プライバシーポリシーページあり
  • アマゾン・アソシエイトリンクあり
  • お問い合わせなし
  • プロフィールページなし
  • アクセスほぼ無し

しかし、画像のalt属性がそんなに影響があるのでしょうか。記事の最初に画像のコードがあるのが価値の低いコンテンツの原因だったのでしょうか。申請時の記事数は23件でそのうち半分くらいには画像が貼ってありました。

独自ドメインに変えたばかりなのが原因?

このブログは審査申請の少し前に独自ドメインに変えていて、それからはGoogleにアドレスがインデックスされなくなってしまっていました。

インデックス登録でリクエストしたhttpsのアドレスではなくhttpのほうをGoogleは正しいアドレスと認識してしまったらしく、httpsのアドレスが重複コンテンツ扱いになってしまっていたのです。

正しいアドレスのインデックス登録を何度もリクエストしたのですがなかなか反映されませんでした。いつまで待っても仕方がないので1回目のアドセンス申請はダメ元でした。

1度目の審査はやはり落ちて、すぐに2度目の審査を申請しました。そして正しいアドレスがインデックスされた翌日に合格メールが届きました。

対象のURLがGoogleに正しくインデックスされないとアドセンスの審査が開始されないのかもしれません。インデックス登録と不合格になったタイミングが近いのでもしかしたらalt属性ではなく独自ドメインに切り替えたタイミングが原因のような気もします。

アドセンス審査のために独自ドメインを取得した場合、正しいアドレスがGoogleにインデックスされたのを確認するまで審査の申請は待ったほうがよさそうです。

審査基準について

審査基準でわかったことはお問い合わせと詳細なプロフィールページはなくても良いということです。特に用意していなかったけど合格できたので必須ではないようです。

ただ、はてなブログで広告を設置する場合はお問い合わせが必要です。はてなブログ個人営利利用ガイドライン(2019年10月1日施行)にあるように、連絡が取れるようにすることが義務付けられています。このブログにもGoogleフォームを使ってお問い合わせフォームを設置しました。

他にわかったことはブログのアクセス数も審査には関係ないみたいです。このブログは申請時、ほぼアクセスがゼロでしたが合格できました。アクセス数が関係ないのなら、アドセンス申請は記事が増える前に行ったほうが対策を立てやすいですね。