ITARU ROVER

雪国から綴る築70年の家で猫と暮らす中年の記録

はてなブログの「こんなブログもあります」の効果と掲載条件は?

「こんなブログもあります」の掲載条件は?

先日「こんなブログもあります」に掲載されて急にアクセスが増えました。掲載された効果と掲載条件について考えてみました。

掲載されるとどうなる?

はてなブログの管理画面にある「購読中のブログ」に表示されます。PC版だと画面右に「こんなブログもあります」というコーナーがあって、掲載されたブログが5件表示されます。

3時間程で新しいブログが掲載されて下に隠れてしまうのですが、それでも半日ぐらいはアクセスが多い状態が続きました。

掲載された日はアクセス数が160PVもありました。読者登録も40人程増えました。普段は記事を更新してもはてなブログ グループから少しアクセスがある程度です。ブログ初期は検索流入がないので、このアクセス増加はとても助かります。

どんな目的で「こんなブログもあります」は作られた?

掲載条件を予想するためになぜ「こんなブログもあります」が作られたのかを考えてみます。比較的新しいブログを掲載していることから、初心者ブロガーの救済的な機能だと考えられます。

はてなブログは純粋な新着表示がないのでブログ初期は、はてなブログ グループの少しのアクセスに頼るしかありません。検索流入はなかなか増えません。

そのような状態で停滞したままのブログを押し上げるために「こんなブログもあります」は作られたのではないでしょうか。

掲載される条件は?

完全なランダム抽選ではない気がします。ランダムならコンテンツが全然ないブログも掲載されるはずです。

掲載のタイミングは記事の更新がきっかけになっているようですが、そのときに記事数と更新頻度、ブログ日数のフィルターにかけているんじゃないでしょうか。

掲載されているブログを見るとブログを始めて2、3ヶ月以内の人が多いです。ブログを始めたばかりだけど、まめに更新しているブログを選んでいる気がします。スターや読者登録、ブックマークされた数については関係あるのかわかりません。

掲載条件は公開されていないので、掲載されたときのこのブログの状態を書きます。12月1日から始めていて26日目、27個目の記事を更新して1時間後ぐらいに掲載されました。それまでのアクセス数は600PV程です。読者登録は30人程でした。

毎日更新していましたが、これははてなブログに引っ越してくる前にBloggerで書いていた記事を書き直して少しずつアップしていたからです。

もし記事の更新頻度が関係しているとしたら、書き直しをせずにまとめて移動していたら掲載されていなかったかもしれません。

一度掲載されると一定期間は再掲載される?

掲載されているブログを見ると、同じブログを見かけることが多い気がします。記事の更新頻度が高くて抽選に選ばれやすいのか、それとも一度掲載されたブログは一定期間は再掲載される仕組みかもしれません。

再掲載されるかどうかはこの記事を更新してみたらわかります。また掲載されたら追記します。再掲載はうれしいですが、できればいろんなブログが載りやすいように一度載ったブログは一定期間は掲載されないような仕組みだといいですね。

12月29日追記
この記事を更新したところ、「こんなブログもあります」に掲載されました。2度目の掲載です。やはり一度掲載されたブログは次の記事も掲載されやすいようです。

ただ今回は「もっと見る」を押さないと表示されない場所に掲載されたこともあり、アクセスはそれほどありません。

掲載されるのは一定期間続くのか、それとも回数で制限されるのかはまだわかりません。またわかることがあれば追記します。