ITARU ROVER

雪国から綴る室温2度の雑記帳

朝里川温泉会場へ「小樽雪あかりの路21」

f:id:itarurover:20191220032040p:plain

先日は運河会場のほうへ行きましたが、今日は朝里川温泉会場へ行ってみました。来年にしようと思ったのですが1年後に北海道にまだいる保証などないのだから行けるときに行くことにしたのです。

朝里川温泉会場へ

朝里川温泉会場は山あいに温泉街やスキー場があり、朝里川を中心にキャンドルの演出がされています。市街地にある運河会場と違いこちらはとても静かな自然の中です。

運河会場に比べて人が少なくゆっくりと見てまわれました。市街地から離れていて海外から来る観光客はここまでは来ないのでしょう。

橋の上が撮影スポット

定番の撮影スポットのためか、朝里川に架かる橋の上には三脚を立てた人たちが大勢集まっていました。橋の上はあきらめて別のあまり人がいない場所から撮影することにしました。

朝里川温泉会場

枯れ木が視界をふさいでしまいましたが、そのおかげで枝の間から川の石に置かれたキャンドルが幻想的に見えます。

会場のテントハウスで暖まる

あまりの寒さに会場内にあるテントハウスに入って甘酒を飲みました。この日は氷点下3度でそれほど気温が低いわけではないのですが、山の上だからか、とても寒く感じます。

会場周辺には屋根に雪の積もったコテージが立ち並びとても綺麗でした。いつかこういう場所に泊まってみたいと思いながらも寒さに耐えれず早々と帰りのバスに乗ったのです。

小樽雪あかりの路 朝里川温泉会場

朝里川温泉会場は小樽駅からバスで30分ほどの所にあります。山の上になりますので防寒対策はしっかりして行きましょう。