ITARU ROVER

雪国から綴る築70年の家で猫と暮らす中年の記録

そのトドとどまるところを知らず!とどのつまりトドでなしでした

野生のトドがみたい

トドでなしとは、冷酷なトドがいてもうそんなのトドじゃないよという意味ではなく、トド岩にトドを見に行ったけどトドは出てこなかった時に僕が個人的に使っているだけの言葉です。

とどのつまりの「とど」は魚のボラのことなので今回の記事タイトルにはふさわしくないのですが、語呂がよいので使ってしまいました。

トド岩にトドがやってくるって?

祝津パノラマ展望台から見えるトド岩

小樽にある祝津パノラマ展望台はおたる水族館から坂道を10分ほど歩いたところにあります。この展望台からは野生のトドが現れるトド岩を眺めることができます。しかしトド岩にはカモメが何匹か飛んでいるだけでトドの姿はありませんでした。

風が強い、寒さに震えながら30分ほど待ってみましたが、トドは現れません。途中、何台か観光タクシーがやってきて運転手が乗客にガイドをしたり写真を撮ってあげたりしています。

届かないトドへの想い

祝津パノラマ展望台からの眺め

野生のトドはいませんでしたが、おたる水族館のほうからは飼育されているトドたちの「ウォー」と怒鳴るような鳴き声がときおり耳に届きました。水族館に行けばトドは見えますが、飼育されたトドではなく野生のトドが見たいのです。

極寒の冬、吹き荒れる北風、日本海のとどろく荒波にもまれて生きるド演歌な野生のトド。今、どこの海にトドたちはいるのだろうか。北の海でとどまるところを知らないトドのことを考えていると思わず握ったこぶしに力が入る。

達成できなかったTODOリスト

北海道へ移住してきた意味を見つけたいと思いました。そのために「北海道でやりたい100のこと」というリストをいま作っています。そのリストの中の1つが「トド岩のトドを見る」なのですが、この項目は簡単には達成できそうにありません。

このTODOリストをとどこおりなく終える為に、一体あと何回、僕はトドでなしでしたと言わなければならないのでしょうか…

祝津パノラマ展望台について

次にトドを見るのはあなた!運が良ければ、トド岩に来る野生のトドが見れます。小樽駅からおたる水族館行きのバスがあるので水族館の見学ついでに訪れるのがおすすめです。野生のトドが見れなくても展望台からの眺めは絶景です。